会員の皆さんの作品をお寄せください。(目次頁末尾のご案内参照)
 
 

始澤 晴夫 (群馬)  「化粧」  油彩 F100
 
  この作品は今から36年前、第18回展の出品です。今のところ生涯で一番気に入っている作品です。「いも虫がさなぎになり美しいアゲハチョウになる、女性が化粧を重ね美しくなっていく過程を思い」、題名は化粧です。