一 期 会 概 要 トップページ

沿  革

私達、一期会は封建的な画壇から脱却し、自由で斬新な絵画を目指している
美術団体です。一期会の概要につきまして、簡単にご紹介いたします。

1970年4月 斉藤敬一、増山金作、宗川清司、高瀬勝之、根岸定男、
田中孝、千葉好男が創立に参画
しました。

一期会は設立以来、互いに認め合い、励まし合いながら誠実な展覧を
常に心がけております。
1976年には、会場を念願の東京都美術館とし、展覧活動の充実を図りました。
以後、会員の芸術に対する真摯な活動、また多くの地方公共団体、大使館、
ジャーナリズム、企業からの応援もあり、発展してまいりました。
思い出多い東京都美術館ではありますが、2006年、国立新美術館の新設を機に、
更なる飛躍を目指していち早く国立新美術館での展覧を選択いたしました。
今後も、作品の一点一点が呼応して社会の親和と美術文化向上の一助となること
を願っております。
熱意ある作 品には最大の敬意を惜しみません。
新しい視野を志す意欲作品を尊重いたします。

活動内容
一期展・・・国立新美術館での展覧会の開催(9月から10月)
一期会春季展・・・東京都美術館での小品による春季展の開催(2月から3月)
その他スケッチ旅行

本部・事務局 山田精一
運営委員 会長 山田 精一
副会長 大竹 千嘉子  
総務 松田 隆   野口 洋子  
      業務 根岸 よしこ
会計 柴 春美
広報 安居 素子
      監査 稲福雅子  石川幸子 
                 (2021年4月〜)

トップページ