一期会 会員活動
スケッチ・デッサン・勉強会など


会員活動(会員展覧会)に戻る
 
山田 精一 2021年5月6月スケッチ旅行
↑クリック
飯村 博 スケッチ旅

                 飯村博  スケッチ旅
   以前、北海道で展覧会を共催していた友人がなくなってからというもの、育ちの故郷ですることは
   息抜きを兼ねてのスケッチ旅だけになりした。行き先は主に函館と小樽、定宿から歩いて行ける範囲での
   水彩スケッチを作品とすることはありませんが、油彩作品の下図になることが時々あります。
 

(1)

(2)

(3)

(4)
(5)
(6)


 
 (1)ハリストス正教会    
  豪雪一過、朝のまぶしい雪原にイーゼルを立ててこの教会を油彩で描いたのは半世紀前。
  この頃、冬の立ち仕事はさすがダメで、木の葉が茂る季節に緑を描くことの難しさを感じています。
  材料は、コンテ鉛筆と水彩絵具12色セットに何色かプラスしたもの、および平筆2本。
  軽装に限ります。この10年で使い切った絵具チューブは1本。コンテ鉛筆2本は減っても
  長さがまだ半ばほど。大変安い楽しみです。
 (2) 旧日銀小樽支店 
  絵描きを志す少年の未来を英語教師に変更した港町、その威風を現す大建築。
  小樽は文学の都でもあり、そのまま美術志向を温める巷としても又よかった。
  伊藤整が将来を思い描いた通り。
(3)協和丸
  船と水があれば安心。
  海原を駆け巡りたいわけではなく、
  こうなっていれば落ち着く。
  この前景に美女の後ろ姿を配した
  油彩80号を一期展に出したことが
  あったっけ。協和丸はもうありません。


             油彩画80号です→


 (4)灯台
  孤立孤独で不動の様が魅力の灯台というもの。
  港の突端を画すこの種の施設は標識灯というのだそうですが、
  ご本人は灯台と呼ばれたいのではないかと。
 (5)日和坂
  函館の市電道から函館山に向かって櫛の歯のように昇って行く坂の一つ。
  数年前の作、舗装が新しくなる前のひなびた眺め。 
「コスモスの 隠れ咲く午後 ひより坂」
 (6)函館赤レンガ街の教会    
  新郎新婦がリムジンで去って閉じられた教会の門。
  ご亭主には悪いけれど、空の雲から舞い降りて来たようなジューンブライドしか
  目に入りませんでした。   
  「花嫁が 残していった 白い風」          (2021年7月記)
山田精一
安曇野、秩父、川越、京都美山にスケッチに出かけました(2021年5月、6月)
  2021年6月6日 ~9日・・・京都府の美山にスケッチ旅行に行き3点描いてきました。  

 
   右の絵は完成度70パーセントです。

    美山には数年前に一度きました。
   茅葺きの古民家がたくさん残っている集落で、
   このようなモチーフを求めて描いている人たちには有名な村です。
   しかしこの村を訪れるには少々大変です。今回は福井県の小浜から
   山を越えて行きました。京都市内からでも車で一時間はかかります。
   今回訪れたのは田植えが終わった時期で、描いていると暑くて大変でした。


   2021年5月25日・・・川越の喜多院に描きに行ってきました。
 
喜多院多宝塔、完成度10パーセントです。

 四月の初旬にも一度来て描いたのですが、
その時は桜が満開でした。例年だと桜の時期は
観光客やお花見の人たちがたくさん訪れるのですが、
今年はコロナの影響でほとんど人はいませんでした。
この五月の時期は桜は青葉になっていて、
少々緑が多い作品となってしまいます。

  2021年5月24日・・・秩父の横瀬にある寺坂の棚田に、、、
             武甲山と田植え中の棚田風景を描いてきました


          武甲山を描くにはこの寺坂棚田はいいところです。
        今回は棚田に水が入り、田植えの最中でした。
        本当はあと一週間くらい後のほうが良いと思います。
        絵を描くには秋の刈り取りの時期もおすすめです。      

        昨年の秋に来て一枚書きましたが…、
        刈り取りの終わった田んぼの畔に真っ赤なヒガンバナが咲いて・・・。


  2021年5月10日~13日 ・・・長野県安曇野にスケッチ旅行に行ってきました。
                   常念岳、横通岳、燕岳、、、ゆっくりとスケッチできました。


 
(1) (2) (3)
      (1)(2)は現場での制作です。
      (3)は(2)の完成作品です。6月29日に描き上げました。

       安曇野には毎年のように行くようになりました。
      五月の安曇野は、アルプスの山々にはまだたっぷりと残雪が残り、
      田植えが終わった田んぼに山々が映って・・・。
      ただし、この時期の天候は長続きしません。
      というわけで、この時期にスケッチするには数日滞在するのが良いと思います。
      曇りや雨でも三日目くらいには晴れ渡ります。
      (2021年7月記)

   
 会員の方へ 会員の皆様の日々の活動を掲載させていただきたいと思いますので、御連絡ください。
スケッチ旅行、デッサン会、仲間との勉強会など。
€€>>