笠野建司 素描展
Cafe Gallery NAKA
三重県四日市

2013.4.19〜30
        
 

         ←クリックしてください

伊勢新聞、4月20日
地元のケーブルテレビ会社“(梶jシー・ティー・ワイ”の
初日の夕方のイベントニュースに取り上げられ数週間放送されました。

(ニュースエリア便) 2013.04.19 笠野建司 素描展 
四日市市にある、CafeGalleryNAKAで笠野健司素描展が開かれています。
日頃は油彩画の製作活動にあたる日本美術家連盟会員の笠野健司さんが
鉛筆やペン、クレヨンなどさまざまな素材を用いて描いたデッサン画23点が並んでいます。
笠野さんは、実際に見たり触ったりすることを大切にしています。
絵の中に描く対象物を感触まで表現できるようにという思いからです。
風景も同じで、写真を見て描くことはせず、現地を訪れてその地の空気を肌で感じて
描いているということでした。
真っ青な空と白い建物のコントラストや、町のたたずまいに魅力を感じ、スペインなど
地中海沿岸の国々の風景を多く描いています。
中には、デッサン画や地図、パンフレットなど旅の記録を一枚にまとめた
遊び心のある作品も見られます。
笠野さんは「既成概念にとらわれず、表現にはいろいろな方法があることを
知ってもらえたら」と話していました。
展覧会は、今月30日火曜日まで開かれています。

もとのページ(会員の個展案内)に戻る