お知らせのページ
スケッチ旅行 上毛新聞記事 室蘭民報記事 室蘭民報記事
寄付活動2019 スケッチ旅行2020 アートテーブル次号
             
 
  アートテーブル次号
 
  通例5月に発行している一期会広報誌「アートテーブル」年度第2号は、今年度については7月発行とします。この号では春季展受賞作と作者の紹介を中心に記事を組んできましたが、春季展が中止されたため趣旨を秋の一期展に改め編集したいと考えております。何とぞご了承ください。
 併せて、新型コロナウィルスの渦中ではありますが、会員各位は健康管理にご留意のうえ一期展での成果を目指し益々制作にご精励下さるようお願いいたします。
(2020/05/08) 広報より

 
  スケッチ旅行2020

 先に ご案内致しました群馬県妙義山でのスケッチ懇親旅行(5月18、19日)は、新型コロナウィルスの流行拡大に伴い、会員への感染が懸念されますので中止と致します。  (2020/03/21)

   
  寄付活動2019

 
 
 
 
 
 一期展2019でのポストカード販売の売上から新聞社に寄付を行っています。画像は毎日新聞社および上毛新聞社からの寄付金領収書。寄付金は新聞社を通じ、障害者、子ども、医療等の福祉事業に送られます。 
   
  室蘭民報記事

 
 

 作品(左上から時計回り) 後藤純之助「永遠の誓い」、 吉田麻子「話そう」、 山石珠美「命の継承(アフリカ)」、 森田哲隆「共に一筋」、 小杉久美子「厳冬の先に」、 舟渡朗「希望の宙(そら)」、 青木尚美「躍動」、 山口和志「闘志〜興福寺十二神将・伐折羅(ばさら)」、 青木匡「のぼれたよ」

記事(上の図版内) 室蘭市絵柄町の画家・森田哲隆さんが顧問を務める絵画塾「蘭輝会」(舟渡朗会長)のメンバーが、全国規模の美術団体「一期会」主催の第54回一期展(10月2日〜10月14日、東京・国立新美術館)で入賞を果たすなど、今年も大活躍だった。会員9人の作品を紹介する。 (敬称略)
 
 提供: 森田哲隆(ニュース・リリース北海道地域担当)
 
   室蘭民報記事


 
 ↑ クリックで記事内容 (紙上この写真の下の文面)
 
 
 提供: 森田哲隆(ニュース・リリース北海道地域担当)
 
  上毛新聞記事


 
 ↑ クリックで鮮明画像
 
 
 提供: 羽鳥美惠子(ニュース・リリース群馬地域担当)
 
 
  懇親スケッチ旅行2019

 2019年5月19日(日)〜20日(月)
   宿泊: えすぽわーる伊佐沼
     埼玉県川越市伊佐沼667-2
        tel. 049-224-3210

     参加費: 15,000円




19日(日)現地集合
 ・14:30からホテルにチェックインできま
     す。
 ・14:30 油彩・水彩の空気遠近法研修会
          1階洋室「もみじ」
 ・16:00 画評会(同「もみじ」)
 ・18:30 夕食、懇親会

20日(月)現地解散
 ・07:30 朝食
 ・09:00 記念撮影予定時間
、順次解散