会員活動(会員展覧会)に戻る 
一期会 会員活動
<スケッチ・デッサン・私のアトリエ・勉強会>
 
山田 精一 スケッチ旅行
↑クリック
飯村 博 スケッチ旅
↑クリック
笠野建司 スケッチ旅行

笠野建司 スケッチ旅行 ー光と風を求めてー

  2019年の秋2週間の予定でスペイン北部のブルゴスから西海岸に近い
  サンチャゴ・デ・コンポステーラ
へ、スケッチの旅に出ました。
  途中立ち寄った町は、中世からサンチャゴ巡礼路の
レオン
  古代ローマ時代から交通の要所とし栄えた
オーレンセです。

   移動には、路線バスとスペイン国鉄を利用し、
  乗車券は現地で購入、宿は事前に予約しました。 
  持参した画材は、
Fig.の様なものです。
  この他に準備したのは新聞などのコラージュの
  材料です。

                  Fig.1 持参した画材 →
 
Fig.2 レルマ望遠(車窓から)

Fig.3 サンタマリア橋から旧市街へ

  116日マドリッド空港から特急バスでブルゴスへ。所要時間は2時間30分。
  途中の停車駅は一か所です。
Fig.2 は車窓からの風景。移動中のスケッチは、遠方から
  手をつけ、最後に手前部分をまとめるのがコツ。デッサンは3~4
分。ブルゴスに到着後に
  彩色。彩色と補筆はその日の内に済ませましょう。時間が経つと印象が薄れます。
  Fig.3 は、ブルゴス市内を流れるのアルランゾン川にかかる橋と正面のサンタマリア門の
  スケッチです。鉛筆と水彩で約15分。早描きは日頃のクロッキーの技量が試されます。

     

 
Fig.4 市庁舎とエル・シッドの銅像

Fig.5 マヨール広場からのカテドラル
   Fig.4は旧市街の中心、マヨール広場に面した市庁舎と右手前のエル・シッドの銅像。
  約30分。前もって新聞を張り付けたスケッチブックにダーマトグラフでスケッチし、
  アクリルと水彩で彩色。塗ったアクリルをナイフでそぎ落として調子を整えると石壁の
  重厚感が出て面白いです。また、アクリルは余分な線を消すにも役立ちます。
  Fig.市庁舎前から反対側にはゴシック建築の傑作、カテドラルが見えます。

  ダーマトグラフと水彩で約20分。
  

Fig.7 レオン博物館
    (Plz.San Domingo)
 
Fig.8 Villafaneの館


Fig.6 街中の城壁とサンイシドロ教会
   11月9日ALSA社の路線バスでレオンへ移動。路面に埋め込まれた金色のホタテ貝の
  道標をたどると足はカテドラルへ。
Fig.6はロマネスク様式のサンイ シドロ教会、
  
Fig.7はレオン博物館、Fig.は市庁舎向かいのカフェレスト。
  窓枠を白色ダーマトで描き水彩をかけるとシャープな窓枠が浮き出て効果的です。
  
 
Fig.9 ビスポ・セサレオ広場

Fig.10 オーレンセ駅舎 
   11月11日の午後、スペイン国鉄でオーレンセへ。所要時間は4時間10分。
  この町はサンチャゴ巡礼路からは外れますが、アールヌーボー様式の建物などが残る
  お洒落な佇まいです。Fig.9 は歴史地区の中心部、ビスポ・セサレオ広場の風景。
  左背後にはカテドラルの鐘楼が見えます。この近くに古代からの温泉があり、
  今でも無料で利用できます。
Fig.10 は雨模様のオーレンセ駅舎です(待ち時間に)。
  
 
Fig.11  教会の見える路地

Fig.12  アラメダ公園からのカテドラル
 

   1115日快速列車で巡礼路の目的地、キリスト教3大聖地の一つでもあるサンチャゴへ。
  Fig.11、カフェのテラス席でワイン片手にスケッチするのは至福のひと時。
  Fig.12、小高いアラメダ公園からカテドラルを中心とする旧市街が一望できます。
  この地はバルの海鮮料理が美味‼

    

実質12日間のスケッチの旅は、11月17日、マドリッド行きイベリア航空最終便で
終わりました。二年前の旅同様に今回もまた行程の半分は雨でした。
目標としている一日10枚のスケッチは達成できなかったものの、
異文化に接し郷土料理を楽しむことができました。
   コロナ禍でスケッチ旅行も儘ならない我慢の日が続きます。 (2021年10月記)

                  飯村博  スケッチ旅
 
      以前、北海道で展覧会を共催していた友人がなくなってからというもの、
    育ちの故郷ですることは 息抜きを兼ねてのスケッチ旅だけになりした。
    行き先は主に函館と小樽、定宿から歩いて行ける範囲での水彩スケッチを
    作品とすることはありませんが、油彩作品の下図になることが時々あります。
 

(1)

(2)
 
(3)
 
(4)
(5)
(6)


 
 (1)ハリストス正教会    
  豪雪一過、朝のまぶしい雪原にイーゼルを立ててこの教会を油彩で描いたのは半世紀前。
  この頃、冬の立ち仕事はさすがダメで、木の葉が茂る季節に緑を描くことの難しさを
  感じています。
  材料は、コンテ鉛筆と水彩絵具12色セットに何色かプラスしたもの、および平筆2本。
  軽装に限ります。この10年で使い切った絵具チューブは1本。コンテ鉛筆2本は減っても
  長さがまだ半ばほど。大変安い楽しみです。
 (2) 旧日銀小樽支店 
  絵描きを志す少年の未来を英語教師に変更した港町、その威風を現す大建築。
  小樽は文学の都でもあり、そのまま美術志向を温める巷としても又よかった。
  伊藤整が将来を思い描いた通り。
(3)協和丸
  船と水があれば安心。
  海原を駆け巡りたいわけではなく、
  こうなっていれば落ち着く。
  この前景に美女の後ろ姿を配した
  油彩80号を一期展に出したことが
  あったっけ。協和丸はもうありません。


             油彩画80号です→


 (4)灯台
  孤立孤独で不動の様が魅力の灯台というもの。
  港の突端を画すこの種の施設は標識灯というのだそうですが、
  ご本人は灯台と呼ばれたいのではないかと。
 (5)日和坂
  函館の市電道から函館山に向かって櫛の歯のように昇って行く坂の一つ。
  数年前の作、舗装が新しくなる前のひなびた眺め。
    
「コスモスの 隠れ咲く午後 ひより坂」
 (6)函館赤レンガ街の教会    
  新郎新婦がリムジンで去って閉じられた教会の門。
  ご亭主には悪いけれど、空の雲から舞い降りて来たようなジューンブライドしか
  目に入りませんでした。   
  
    「花嫁が 残していった 白い風」
                                           
(2021年7月記)  
山田精一 スケッチ旅行
安曇野秩父川越、京都美山にスケッチに出かけました(2021年5月、6月)
  2021年6月6日 ~9日・・・京都府の美山にスケッチ旅行に行き3点描いてきました
     右の絵は完成度70パーセントです。
   美山には数年前に一度きました。
   茅葺きの古民家がたくさん残っている集落で、
   このようなモチーフを求めて描いている人たちには有名な村です。
   しかしこの村を訪れるには少々大変です。今回は福井県の小浜から
   山を越えて行きました。京都市内からでも車で一時間はかかります。
   今回訪れたのは田植えが終わった時期で、描いていると暑くて大変でした。

   2021年5月25日・・・川越の喜多院に描きに行ってきました
 
喜多院多宝塔、完成度10パーセントです。

 四月の初旬にも一度来て描いたのですが、
その時は桜が満開でした。
例年だと桜の時期は観光客やお花見の人たちがたくさん訪れるのですが、
今年はコロナの影響でほとんど人は
いませんでした。
この五月の時期は桜は青葉になっていて、
少々緑が多い作品となってしまいます。
  2021年5月24日・・・秩父の横瀬にある寺坂の棚田に、、、
             武甲山と田植え中の棚田風景を描いてきました


         武甲山を描くにはこの寺坂棚田はいいところです。
       今回は棚田に水が入り、田植えの最中でした。
       本当は後一週間くらい後のほうが良いと思います。
       絵を描くには秋の刈り取りの時期もおすすめです。
       昨年の秋に来て一枚描きましたが・・・。
       刈り取りの終わった田んぼの畝に真っ赤なヒガンバナが咲いて・・・。

  2021年5月10日~13日 ・・・
      長野県安曇野にスケッチ旅行に行ってきました
      常念岳、横通岳、燕岳、、、ゆっくりとスケッチできました

  
(1) (2) (3)
      (1)(2)は現場での制作です。
      (3)は(2)の完成作品です。6月29日に描き上げました。

       安曇野には毎年のように行くようになりました。
      五月の安曇野は、アルプスの山々にはまだたっぷりと残雪が残り、
     田植えが終わった田んぼに山々が映って・・・。
     ただし、この時期の天候は長続きしません。
     というわけで、この時期にスケッチするには数日間滞在するのが良いと思います。
     曇りや雨でも三日目くらいには晴れ渡ります。

(2021年7月記)   
   
 会員の方へ 会員の皆様の日々の活動を掲載させていただきたいと思いますので、御連絡ください。
スケッチ旅行、デッサン会、アトリエでの様子、仲間との勉強会など。
€€>>