会員活動Ⅰ  トップページへ
一期会  会員活動Ⅱ   
<スケッチ・デッサン・私のアトリエ・勉強会・画集>
  
山田精一 スケッチポイント 福田 惠 額縁制作Ⅰ
↑クリック
高瀬勝之ギャラリー・画集
↑クリック
笠野建司 スケッチ旅行
↑クリック
飯村 博 スケッチ旅
↑クリック
山田精一 スケッチ旅行
↑クリック

 山田精一 「私のスケッチ・ポイント」
私の好きなスケッチ・ポイント ---伊豆下田---
    海なし県で生まれ育った私にとって、海辺で描くことが楽しみの
   ひとつです。心地よい潮風を受けながらキャンバスを立て、のんびりと
   描いていると 日頃の煩わしさを忘れます。
 
   下田でよく描く場所は、小さな半島の先端にある「爪木崎」、遠景に灯台が見え
     その向こうは太平洋・・・手前の小さな湾は いつ行っても何故かエメラルドグリーン
    に輝いています。時期としては4月から5月にかけて、秋では10月~11月が
    お勧めです。海辺ですので風が強い日が多いので注意が必要です。
 
    ↓下田に来ると あと一か所よくスケッチする場所があります。
    下田の魚市場から漁港に向かうと漁船の修理工場があります。いつも修理中の漁船が
    上がっていてスケッチするには良いポイントです。港に停泊している船を描くと、
    波の影響で微妙に動いてしまいますが、ここでは陸にあがっているので動きません。
  下田市内南端に「ベリー・ロード」という散歩道があります。この道に沿って
    古い民家が並んでいますが、ここも描くと面白い作品に仕上がると思います。
   
古都のスケッチ ---京都---
  最初に京都を訪れたのは修学旅行でした。もちろんその時は絵など全く
 描かず!近年、何故かこの古都を熱心に描くようになりました。日本でも
 有数の観光地のため、観光客が多くてキャンバスを立てる場所探しが大変
 です。邪魔にならないようにと思いつつ・・・よく見える場所に陣取らな
 くてはなりません。描いているき覗き込んでくる人が多いのも覚悟しなけ
 ればなりません。
   京都でも一番京都らしい場所のひとつが 八坂の塔(法観寺)です。
      路地が狭いのですが、いつもこの場所で描きます。(ベンチがあるので)  
 


  祇園の一角の「巽橋」近辺には古い街並みが残っています。
   この街並みを描いてみました。祇園の一角とは言っても この近くはさほど観光客は
   いませんので、ゆっくりと描くことが出来ます。私は、いつも油彩で描くので、F6号
   位のキャンバスだと完成しないまでも ほぼ色を置くのには一日かかってしまいます。 

「祇園近辺」

 「F4号 油彩」
  嵯峨野の化野念仏寺からさらに北に向かう愛宕街道沿いに数軒の茅葺民家が
   あります。ここまでくるとさすがに観光客はほとんどいません。
   訪れたのは秋でしたが、とても静かで、ここも京都市の一角とは思えないほどです。
 

「愛宕街道」

「F4号 油彩」
「上七軒から北野天満宮」
 京都に行くと単なる観光旅行になりがちで...、
 ゆっくり神社仏閣でも訪れてみたいとも
 思いますが、固い意志を持ってキャンバスと
 油彩道具を担いで宿を出発します。
 雨降りならば描くのをやめて観光にと思って
 いますが...。私が訪れるといつも快晴です。
私の好きなスケッチ場所 ---Provence---
 私の一番好きなスケッチ場所を問われると、やはり南フランスです。
 若い頃から何度となく訪れて描いてきましたが、最近では、
 スィミアンヌ・ラ・ロトンドという村とマンヌという村を、
 そしてマルセイユ、 サン・レミと訪れて描いてきました。
 スィミアンヌ・ラ・ロトンドといっても分からないと思いますが、ラヴェンダーが
  きれいな村です。アヴィニヨンまで列車で行き、バスに乗り換えてアプトの町へ。
  そこからバスがあると思ったのですが、金曜日に一便だけとのこと。
  シャンブル・ドット(フランス版民宿)に電話して迎えに来てもらいました。
  (タクシーを使うと数千円くらいかかってしまうので) 時期は少々遅かったようですが、
  まずまず咲いていました。ラヴェンダー畑の向こうに村がみえ、とても素晴らしい風景
  でした。約1週間の滞在で6枚を油彩で描くことができました。

「スィミアンヌ・ラ・ロトンドにて」

「P10 油彩」

「F6号 油彩」

「F8号 油彩」
プロヴァンスの夏は日差しが強く、喉が
渇きます。水を飲みながら・・・熱中症に
ならないように気を付けなければなりません。
毎夕刻には描くのを止めて、村に一軒しかない
レストランでロゼ・ワインを飲みながら夕食。
シャンブル・ドット(フランス版民宿)の客は
滞在中私だけでした。


「シャンブル・ドットの主人と奥さん」

  スィミアンヌ・ラ・ロトンドを後にマンヌの村に向かいました。
   ラヴェンダー、小麦、ひまわり畑を約30分(宿の奥さんに送ってもらいました)、
   マンヌの村に着きました。着いたときはちょうど市がたっており、とても賑やかでした。
   この村はひまわり畑に囲まれています。ただ、年々、少しずつ小麦畑に変わってしまう
   ようですが。ひまわり畑を描くことが出来ました。・・・しかし暑い!

 ↓マンヌの村にはバスが通っています。フォルカルキェの町までバスが15分、
  バスを乗り換えてマルセイユまで約3時間、マルセイユには友人がいるので
  友人宅に5日間「いそうろう」させてもらいました。
  マルセイユは大きな都会です。描くのはやはり旧港。
  船が多くて描きずらいのですが、3日がかりでなんとか10号で描きました。
 

    友人に頼んで、サン・レミの町まで送ってもらいました。サン・レミに来たたものの
   持ってきたキャンバスはすでに使い果たしていました。せっかくゴッホゆかりの地に
   来たのだから、油彩は諦めて水彩で何枚か描いてみました。水彩はあまり描かないの
   ですが...。

                                (2022年6月記)
 福田 惠/Kei Fukuda古典技による額縁制作 」
  初めまして、福田惠(ケイ)です。第54回一期展から出品し3年になります。
 古典技法で絵画とオリジナルの装飾額の制作を長年しています。
 額縁制作のきっかけは、基本的に絵画の古典技法と額縁造りの材料が同じだった
 ことです。イタリアルネッサンスやバロック期の宗教絵画に見られる額縁に魅せ
 られ、独自の技法を交え、額造り20年、絵画人生半世紀が過ぎました。
 
 今回、額縁制作の様子を会員の皆様に紹介して欲しいとのお話しがあり、この度
 掲載する機会を頂きました。拙い仕事ではありますが、額縁の制作過程や使用し
 ている材料、道具等を紹介させて頂き、会員の皆様方の何かのお役に立てればと
 思っています。
   ーーー製作過程参考資料ーーー
画題:[Holy Night] ミニアチュール
   油彩.テンペラ混合技法.板に麻布.石膏時地
   Size:10.5×8.5㎝

額縁:木彫.石膏地.箔下砥の粉(赤)22.7k金箔水張り.
   古典技法.アンティーク仕上げ
 
   Size.40
×35.6×8.3cm
 
      ↑下地用材料 
 
左から顔料チタニウムホワイト
    
●イタリア産ウサギ膠
    ●イタリア産ボローニャ石膏
    
キャンバス、額の両方で使用
    ↑四角い台は自作の箔台
  上から
●金箔を磨く瑪瑙棒(イタリア/ゼッキ)
       ●箔ナイフ(Holbein)

     ●竹箸(箔座)
     ●箔刷毛(自作)
 
   
   箔下砥の粉(イタリア/ゼッキ、ボーロ)
    右から、金箔用(赤)
銀箔用(黒)
    ↑別のサンプルですが、
     額縁の木地から組み上げ、
     バーナーで
焦がして古美を出します。
 ⑤次に前日に水でふやかしておいた、ウサギ膠を60°の湯煎で溶かす   
 膠の湯煎:
  膠が溶けたら刷毛

  額全体に塗る

  ボローニャ石膏湯煎:
  膠水と石膏を合わせて
  よく溶かす
   石膏を10~15
  塗り重ねてその後
  ペーパーを掛ける
 ↑⑨箔下砥の粉(赤)を
  5~6回塗り重ね
  
瑪瑙棒で磨く。

↑⑩金箔水張り技法で箔を押
 す
%のアルコール水で
 金箔22.7kを貼る。
  (箔台自作)
  ↑⑪金箔が乾ききる前に
   瑠璃棒でみがく
  (ZECCHIの瑪瑙棒)

< ZECCHI(ゼッキ)とはイタリアの画材店で、古典技法の道具等売っています>
  あくまでも、私、独自のやり方です。少し詰めすぎて分かりにくいかも
 知れませんが、誌面の関係上ほんの一部を抜粋しています。額縁の木取り
 から組み上げ迄は、掲載出来ませんでした。古典技法は時間と手間がかか
 る仕事です。現代のようにスピードを求める世の中では時代に逆行する
 ような作業です。遠い昔イタリアのルネッサンスやバロック期の職人達に
 想いを馳せながら制作しています。

ーーーーー額縁とキャンバス造りの工房ですーーーーー

20225月記
高瀬勝之 「ギャラリー」「私の仕事場」「画集」
   私の住む羽生市は 人口54.000人の静かな町で 藍染や衣料・農業などで生計、
  自然豊かな所です。画廊と画材店は昔はありましたが 現在はありません。
  都心へは 東武鉄道で1時間半位、住みやすい所です。 南羽生駅から徒歩5分の
  場所に 小さなギャラリーを作り展示しています。制作(仕事場)は熊谷です。
  そんな私の仕事場とミニギャラリーを紹介いたします。
ミニギャラリー   あーとスポットyuki
  






  私の仕事場
(1) (2) (3)
  (1)油彩画の仕事場です
  (2)コンピューターグラフィックス制作のPCとタブレットです
  (3)時間を見つけてはアマチュア無線を楽しんでいます

 画集の発刊
「夢を追いかけて」・・・
  喜寿記念に私の歩いた人生を
  334ページにまとめてみました。

「髙瀬勝之油彩画自選集」・・・
  大作を主に人物画・風景画を
  75
点選び画集にまとめました。

 -----------「夢を追いかけて」-----------
目次 

↑クリック
まえがき

↑クリック
限界への挑戦

↑クリック
絵画コンピューターグラフィックス) 絵画(油彩)

↑クリック


↑クリック

-----------「髙瀬勝之油彩画自選集」-----------
発刊に寄せて
↑クリック

↑クリック

↑クリック

↑クリック

↑クリック

↑クリック
(2022年5月記)  

笠野建司 スケッチ旅行 ー光と風を求めてー

  2019年の秋2週間の予定でスペイン北部のブルゴスから西海岸に近い
  サンチャゴ・デ・コンポステーラ
へ、スケッチの旅に出ました。
  途中立ち寄った町は、中世からサンチャゴ巡礼路の
レオン
  古代ローマ時代から交通の要所とし栄えた
オーレンセです。


   移動には、路線バスとスペイン国鉄を利用し、
  乗車券は現地で購入、宿は事前に予約しました。 
  持参した画材は、
Fig.の様なものです。
  この他に準備したのは新聞などのコラージュの
  材料です。

               
Fig.1 持参した画材
 
Fig.2 レルマ望遠(車窓から)

Fig.3 サンタマリア橋から旧市街へ

 ↑116日マドリッド空港から特急バスでブルゴスへ。所要時間は2時間30分。
  途中の停車駅は一か所です。
Fig.2 は車窓からの風景。移動中のスケッチは、遠方から
  手をつけ、最後に手前部分をまとめるのがコツ。デッサンは3~4分。ブルゴスに到着後に
  彩色。彩色と補筆はその日の内に済ませましょう。時間が経つと印象が薄れます。
  Fig.3 は、ブルゴス市内を流れるのアルランゾン川にかかる橋と正面のサンタマリア門の
  スケッチです。鉛筆と水彩で約15分。早描きは日頃のクロッキーの技量が試されます。

     

 
Fig.4 市庁舎とエル・シッドの銅像

Fig.5 マヨール広場からのカテドラル
  ↑ Fig.4は旧市街の中心、マヨール広場に面した市庁舎と右手前のエル・シッドの銅像。
  約30分。前もって新聞を張り付けたスケッチブックにダーマトグラフでスケッチし、
  アクリルと水彩で彩色。塗ったアクリルをナイフでそぎ落として調子を整えると石壁の
  重厚感が出て面白いです。また、アクリルは余分な線を消すにも役立ちます。
  Fig.市庁舎前から反対側にはゴシック建築の傑作、カテドラルが見えます。

  ダーマトグラフと水彩で約20分。
  

Fig.7 レオン博物館
    (Plz.San Domingo)

Fig.8 Villafaneの館

Fig.6 街中の城壁とサンイシドロ教会
  ↑ 11月9日ALSA社の路線バスでレオンへ移動。路面に埋め込まれた金色のホタテ貝の
  道標をたどると足はカテドラルへ。
Fig.6はロマネスク様式のサンイ シドロ教会、
  
Fig.7はレオン博物館、Fig.は市庁舎向かいのカフェレスト。
  窓枠を白色ダーマトで描き水彩をかけるとシャープな窓枠が浮き出て効果的です。
  

Fig.9 ビスポ・セサレオ広場

Fig.10 オーレンセ駅舎 
  ↑ 11月11日の午後、スペイン国鉄でオーレンセへ。所要時間は4時間10分。
  この町はサンチャゴ巡礼路からは外れますが、アールヌーボー様式の建物などが残る
  お洒落な佇まいです。Fig.9 は歴史地区の中心部、ビスポ・セサレオ広場の風景。
  左背後にはカテドラルの鐘楼が見えます。この近くに古代からの温泉があり、
  今でも無料で利用できます。
Fig.10 は雨模様のオーレンセ駅舎です(待ち時間に)。
  
 
Fig.11  教会の見える路地

Fig.12  アラメダ公園からのカテドラル

  1115日快速列車で巡礼路の目的地、キリスト教3大聖地の一つでもあるサンチャゴへ。
  Fig.11、カフェのテラス席でワイン片手にスケッチするのは至福のひと時。
  Fig.12、小高いアラメダ公園からカテドラルを中心とする旧市街が一望できます。
  この地はバルの海鮮料理が美味‼

    

実質12日間のスケッチの旅は、11月17日、マドリッド行きイベリア航空最終便で
終わりました。二年前の旅同様に今回もまた行程の半分は雨でした。
目標としている一日10枚のスケッチは達成できなかったものの、
異文化に接し郷土料理を楽しむことができました。
   コロナ禍でスケッチ旅行も儘ならない我慢の日が続きます。 (2021年10月記)

飯村博 スケッチ旅
  以前、北海道で展覧会を共催していた友人がなくなってからというもの、
 育ちの故郷ですることは 息抜きを兼ねてのスケッチ旅だけになりした。
 行き先は主に函館と小樽、定宿から歩いて行ける範囲での水彩スケッチを
 作品とすることはありませんが、油彩作品の下図になることが時々あります。

(1)

(2)
 
(3)
 
(4)
(5)
(6)


 
 (1)ハリストス正教会    
  豪雪一過、朝のまぶしい雪原にイーゼルを立ててこの教会を油彩で描いたのは半世紀前。
  この頃、冬の立ち仕事はさすがダメで、木の葉が茂る季節に緑を描くことの難しさを
  感じています。
  材料は、コンテ鉛筆と水彩絵具12色セットに何色かプラスしたもの、および平筆2本。
  軽装に限ります。この10年で使い切った絵具チューブは1本。コンテ鉛筆2本は減っても
  長さがまだ半ばほど。大変安い楽しみです。
 (2) 旧日銀小樽支店 
  絵描きを志す少年の未来を英語教師に変更した港町、その威風を現す大建築。
  小樽は文学の都でもあり、そのまま美術志向を温める巷としても又よかった。
  伊藤整が将来を思い描いた通り。
(3)協和丸
  船と水があれば安心。
  海原を駆け巡りたいわけではなく、
  こうなっていれば落ち着く。
  この前景に美女の後ろ姿を配した
  油彩80号を一期展に出したことが
  あったっけ。協和丸はもうありません。


             油彩画80号です→


 (4)灯台
  孤立孤独で不動の様が魅力の灯台というもの。
  港の突端を画すこの種の施設は標識灯というのだそうですが、
  ご本人は灯台と呼ばれたいのではないかと。
 (5)日和坂
  函館の市電道から函館山に向かって櫛の歯のように昇って行く坂の一つ。
  数年前の作、舗装が新しくなる前のひなびた眺め。
    
「コスモスの 隠れ咲く午後 ひより坂」
 (6)函館赤レンガ街の教会    
  新郎新婦がリムジンで去って閉じられた教会の門。
  ご亭主には悪いけれど、空の雲から舞い降りて来たようなジューンブライドしか
  目に入りませんでした。   
  
    「花嫁が 残していった 白い風」
                                           
(2021年7月記)  
山田精一 スケッチ旅行
安曇野秩父川越、京都美山にスケッチに出かけました(2021年5月、6月)
  2021年6月6日 ~9日・・・京都府の美山にスケッチ旅行に行き3点描いてきました
    ↑右の絵は完成度70パーセントです。
   美山には数年前に一度きました。
   茅葺きの古民家がたくさん残っている集落で、
   このようなモチーフを求めて描いている人たちには有名な村です。
   しかしこの村を訪れるには少々大変です。今回は福井県の小浜から
   山を越えて行きました。京都市内からでも車で一時間はかかります。
   今回訪れたのは田植えが終わった時期で、描いていると暑くて大変でした。

   2021年5月25日・・・川越の喜多院に描きに行ってきました
 
喜多院多宝塔、完成度10パーセントです。

 四月の初旬にも一度来て描いたのですが、
その時は桜が満開でした。
例年だと桜の時期は観光客やお花見の人たちがたくさん訪れるのですが、
今年はコロナの影響でほとんど人は
いませんでした。
この五月の時期は桜は青葉になっていて、
少々緑が多い作品となってしまいます。
  2021年5月24日・・・秩父の横瀬にある寺坂の棚田に、、、
             武甲山と田植え中の棚田風景を描いてきました


        ↑ 武甲山を描くにはこの寺坂棚田はいいところです。
       今回は棚田に水が入り、田植えの最中でした。
       本当は後一週間くらい後のほうが良いと思います。
       絵を描くには秋の刈り取りの時期もおすすめです。
       昨年の秋に来て一枚描きましたが・・・。
       刈り取りの終わった田んぼの畝に真っ赤なヒガンバナが咲いて・・・。

  2021年5月10日~13日 ・・・
      長野県安曇野にスケッチ旅行に行ってきました
      常念岳、横通岳、燕岳、、、ゆっくりとスケッチできました

  
(1) (2) (3)
      (1)(2)は現場での制作です。
      (3)は(2)の完成作品です。6月29日に描き上げました。

       安曇野には毎年のように行くようになりました。
      五月の安曇野は、アルプスの山々にはまだたっぷりと残雪が残り、
     田植えが終わった田んぼに山々が映って・・・。
     ただし、この時期の天候は長続きしません。
     というわけで、この時期にスケッチするには数日間滞在するのが良いと思います。
     曇りや雨でも三日目くらいには晴れ渡ります。

(2021年7月記)   
 
 会員の方へ 会員の皆様の日々の活動を掲載させていただきたいと思いますので、
ご連絡、お問い合わせください。大竹まで
スケッチ旅行、デッサン会、アトリエでの様子、画集発行、仲間との勉強会など。
 トップページへ
€€>>